横浜スタジアム

【観戦記】10月18日DeNA対巨人@横浜スタジアム【梶谷の劇的逆転満塁ホームラン】

こんにちわ。

球場飯ドットコム管理人のシャインです。

今日は昨年2020年10月18日にハマスタに観に行ったDeNA対巨人戦の観戦レポートをお送りします。

我がベイスターズの優勝の可能性がほぼ無くなったシーズン最終盤の一戦でしたが、ベイスターズは後半戦調子を崩した巨人戦に圧倒的な強さを見せて巨人を圧倒するゲームが多くなっていました。

前日の土曜日17日は雨天中止でしたが、この18日は快晴。

秋晴れの爽やかなハマスタに対巨人戦勝ち越しを期待して向かいました。

2020年10月18日快晴のハマスタ秋晴れの爽やかな陽気に包まれたハマスタ

 

少し涼しくなってきて秋の様相を呈し始めた初秋の横浜公園少し涼しくなってきた初秋の横浜公園

 

久しぶりのライト外野席

2020年はコロナ禍の影響で外野席で応援歌を歌う応援スタイルは出来ませんでした。また、観客上限5000人制限下だった時期には横浜スタジアムでは外野席自体が閉鎖されていました。

よって、今季のハマスタ観戦はここまですべて内野席だったのですが、この日久しぶり、かつ今季初のハマスタ外野席での観戦となりました。

見慣れた外野席からの光景、やっぱりいいですね~。早くここでまた立って応援歌を歌いながら観戦したものです。

閑散とした8番ゲート観客上限が制限されている為か8番ゲートはいつもよりも閑散としていました

 

この日の座席。6段目の通路側席でした。この日の座席。6段目710番。通路側席でした。

 

座席からグランドへの眺め座席からグランドへの眺め。やっぱり見慣れたこの景色最高ですね。

 

ウィング席方面を臨む。試合開始1時間前ですが客入りはまだまばらです。ウィング席方面を臨む。試合開始1時間前ですが客入りはまだまばらです。

 

バックスクリーン方面を臨む。レフトスタンドもまだまばらです。バックスクリーン方面を臨む。レフトスタンドもまだまばらです。

 

コロナ禍で密を避けているのか、今年は平常時よりもお客さんの集まりが悪い気がしますね。平常時では試合開始1時間前になると外野席はもう少しお客さんが入っていたと思うのですが。出来る限り球場の滞在時間を減らしたいという心理なのでしょうかね。

テレビで見て気になっていたのがバックスクリーン横に出来たこのスペース↓

DREAM GATE STANDのシャッターDREAM GATE STANDのシャッター

 

ここは外周デッキからグランドが覗けるスペースとして今年オープンしたはずなのですが、この日はシャッターが閉まっていました。

このシャッターが開くと外周通路からグランドが見渡せるようになるようです。

DREAM GATE STANDのシャッターが開いた時DREAM GATE STANDのシャッターが開くとこんな感じの眺めのようです。

出典:横浜DeNAベイスターズオフィスサイト「DREAM GATE STAND」

 



この日の球場飯

目玉チャーハン(950円)@ベイカラ

注目だった今年の新作フード「目玉チャーハン」を遅ればせながら食べてきました。シーズン当初に比べるとだいぶ購入列は短くなりましたがそれでも購入まで10分くらいはかかる程度の列は出来ていました。

目玉チャーハン購入の列目玉チャーハン購入の列
目玉チャーハンのパッケージ
【2020ハマスタグルメ⑪】目玉チャーハン(950円)@ベイカラ(BAY SIDE) 2020年10月18日今日は今年新しくハマスタオリジナルフードに仲間入りをした目玉チャーハンを紹介します。シーズンが佳境に入った終盤戦の10月18日にようやく...

国吉選手プロデュース和風デザート(750円)@カフェビクトリーコート

カフェビクトリーコートは選手プロデュースのメニューを豊富に取り扱っています。

カフェビクトリーコートでは選手プロデュースメニューが豊富にラインナップされていますカフェビクトリーコートでは選手プロデュースメニューが豊富にラインナップされています

 

この日は無性に甘いものが食べたい気分だったので「国吉選手プロデュース和風デザート」をチョイス。かなりリッチな味わいの和風パフェでした。

国吉選手プロデュース和風デザート(750円)
【2020ハマスタグルメ⑫】国吉選手プロデュース和風デザート(750円)@カフェビクトリーコート 2020年10月18日今日は10月18日のハマスタ巨人戦で食べた国吉選手プロデュース和風デザートのレビューを書きます。 ハーフ顔の国吉が和風デザートをプ...

試合開始前の光景

試合開始直前直前のコンコース試合開始直前直前のコンコース。わりと人通りは多くて賑わいが戻ってきた感じがしましたね。

 

去年までウィング席のゲートがあったところ。去年までウィング席のゲートがあったところ。今年は撤去されて普通の通路になっています。

 

今年完成した外野外周の空中回廊。今年完成した外野外周の空中回廊を下から撮影。

 

diana とスターマン達を後ろから撮影diana とスターマン達を後ろから。

 

dianaさん達のダンス。dianaさん達のダンス。試合前から試合中とダンスづくめで彼女たちも忙しいですね。

 

帰っていくスターマン達帰っていくスターマン達

 

いつもロペスは一人ベンチ前で素振りをしていますね。いつもロペスは一人ベンチ前で素振りをしていますね。

 

メンバー表交換を終え引き揚げるラミレス・原両監督メンバー表交換を終え引き揚げるラミレス・原両監督

 

守備位置へ向かう梶谷守備位置へ向かう梶谷

 

守備位置に向かうオースティン。守備位置に向かうオースティン。風格があります。

試合開始

吉川尚輝の先頭打者本塁打

この日の先発投手はDeNAは上茶谷。読売は畠でした。

DeNA 先発の上茶谷。DeNA 先発の上茶谷。

 

上茶谷はこのシーズン、ここまで悪くもないですが決して良くもないのらりくらりとしたピッチングを続けていました。

前週の甲子園に続いて私は2週連続で上茶谷の登板試合を観ることになります。

巨人先発の畠。巨人先発の畠。

 

上茶谷は1回表、先頭バッターの吉川尚輝にいきなり先頭打者本塁打を食らいます。

今思うとこれが荒れるこの試合の暗示だったような気がします。

先頭打者本塁打を放った吉川尚を出迎える巨人ベンチ。先頭打者本塁打を放った吉川尚を出迎える巨人ベンチ。

 

失点を重ねるベイスターズ投手陣

イニングが3回を迎えることから空を黒っぽい雲が覆い雲行きが怪しくなってきました。

まさにベイスターズの戦況を表すかのような空模様です。

3回頃から雲行きが怪しくなってきた空模様3回頃から雲行きが怪しくなってきた空模様

 

先発の上茶谷は依然ピリッとせず3回表に2点を失いこの回限りでマウンドを降ります。

上茶谷は巨人・田中俊太に3失点目のタイムリーを打たれる上茶谷は巨人・田中俊太に3失点目のタイムリーを打たれる

 

4回から登板した代わった京山もピリッとせず失点を重ねます。

4回から登板の京山。この日もピリッとせず失点を重ねる。4回から登板の京山。この日もピリッとせず失点を重ねる。

 

5回を終わって0対5のビハインドです。スタンドには非常に重たい空気が流れていました。

一方的な劣勢の展開におもわずしゃがみ込むオースティン。一方的な劣勢の展開におもわずしゃがみ込んでしまうオースティン。

 

立て続けに失点する投手陣に呆れて呆然と立ち尽くすオースティン。立て続けに失点する投手陣に呆れて呆然と立ち尽くすオースティン。

 

突然覚醒するベイスターズ打線!そして梶谷が…

中盤までベイスターズファンにとってはまったく面白くない展開で、ライトスタンドも完全に意気消沈の雰囲気が漂っていました。

しかし7回裏、突如打線が目覚めます。

まずロペス・ソトの両外国人が連打で口火を切ります。

そして無死1、3塁から柴田がセカンドへタイムリー内野安打を放ちまずは1点を返します。これで1対5。点差は4点に縮まりました。

セカンド吉川尚輝のエラーを誘う渋いタイムリー内野安打を放った柴田。セカンド吉川尚輝のエラーを誘う渋いタイムリー内野安打を放った柴田。

 

続くエスコバーの打順で乙坂→伊藤光と、代打の代打で登場した伊藤光がセンターへ鮮やかに連続タイムリーを放ちます。

代打の代打で登場の伊藤光代打の代打で登場した伊藤光(ピッチャーは高梨に交代)

 

見事タイムリーを放った1塁ベース上の伊藤光見事タイムリーを放った1塁ベース上の伊藤光

 

これで2対5と3点差に追い上げました!ここの辺りで一気に球場の雰囲気が変わりイケイケのムードに沸き立ちます。

そして続く戸柱も冷静に球を見極めて四球で歩きついに無死満塁となります。

戸柱が四球で歩きついに満塁に…戸柱が四球で歩きついに満塁に…

 

そして迎えるは1番の梶谷。相手が変則ピッチャーの左腕・高梨でしたので苦戦するかと思ったのですが、ここでなんとホームラン!

満塁ホームランが飛び出します!

ホームランが私の座っていた位置の3メートルくらい横に着弾しました。上の動画でも映っていますが、ホームランボールをお兄さんがナイスキャッチしています。

スタンドは大興奮です。これで6対5とちょうどお釣りなしの大逆転!

満塁ホームランを放ちホームインする梶谷。満塁ホームランを放ちホームインする梶谷。

 

満塁ホームランを放ちハイタッチをする梶谷。満塁ホームランを放ちハイタッチをする梶谷。

 

その後、梶谷に満塁ホームランを打たれた高梨は無念の降板。鍵谷→田口と繋いでこの回を終えます。

小刻みに継投する巨人(写真中の走ってマウンドに向かっているのは田口)小刻みに継投する巨人(写真中の走ってマウンドに向かっているのは田口)

 

梶谷の2打席連続ホームラン

続く8回裏もベイスターズ打線は打ち続けます。

柴田・楠本の連打でチャンスを作ると、大変珍しい戸柱の3塁打が飛び出し2点を追加。

2点タイムリー三塁打を放った戸柱2点タイムリー三塁打を放った戸柱。

 

そして続くバッターは梶谷。この日の梶谷は何かやってくれそうなオーラがありました。

梶谷はランナーを3塁においてまたまたライトスタンドへ一発を放ちます。二打席連続ホームラン!

2打席連続ホームランでベンチに帰ってくる梶谷。2打席連続ホームランでベンチに帰ってくる梶谷。

 

これで10対5となりほぼ試合は決まりました。

三嶋が締めて10対5で劇的逆転勝利!

5点差ではありましたが9回表は万全を期して守護神・三嶋を投入します。

投球練習から気合の入った躍動感あるフォームで投球する三嶋。投球練習から気合の入った躍動感あるフォームで投球する三嶋。

 

三嶋は簡単に2死を取りますが、立岡と大城に連続ヒットを浴びて1点を失います。

三嶋はここまで初めてのストッパー抜擢に十分応えてきましたが、10月に入り少しコントロールを乱す場面も散見されるようになり失点することが出てきました。

やはり疲れでしょうか、それとも研究されてきたということでしょうか。私は出来れば来季も三嶋にストッパーをやってほしいと思っているのですが、少し不安を感じさせる終盤の投球でしたね。

三嶋はその後のバッターは抑えてなんとかゲームを無事CLOSEしました。

最後はなんとか三嶋が締めて試合終了。勝利の輪。最後はなんとか三嶋が締めて試合終了。嬉しい勝利の輪。

 

10対6で見事な逆転勝利でした!

梶谷のヒーローインタビュー

この日のハイライトは何と言っても梶谷の逆転満塁ホームランでしたね。今年の観戦試合で痺れました。

10対6で見事勝利。やはり気持ちがいい!10対6で見事勝利!

 

ヒーローインタビューはもちろん梶谷です。

梶谷のヒーローインタビュー(後ろから)梶谷のヒーローインタビュー(外野席なので後ろから)

 

梶谷のインタビューは自分の状況や周りの環境を冷静に分析している内容が多くてすごく大人になったなという印象があります。昔の梶谷はどちらかというとヤンチャであまり物事を深く考えなさそうな受け答えが多くて正直勢いや才能だけで野球をやっているような印象の選手でした。それを思うと口調も表情も落ち着いていて成長したなぁとつくづく思います。

まとめ

前半の沈鬱な雰囲気からまさか、終盤にあのような真逆の展開が待っているとは思いませんでした。

なかなか波に乗り切れない試合展開が多かったこのシーズンでしたが、ようやくスカッと気持ちのいいベイスターズらしいお祭り野球が見られたことに大満足でした。

投手陣の不安が露呈し、マイナス面もたくさん出た試合でしたがそのモヤモヤを一気に吹き飛ばしてくれる快勝で最高の一日になりました。

ヴィクトリーセレブレーションヴィクトリーセレブレーション

 

退場前にスコアボードを下から撮りました。退場前にスコアボードを下から撮りました。

 

この日はこの後、東京で予定があったので最後までビクトリーセレブレーションが観られませんでした。ハマスタの外から花火を撮りました。この日はこの後、東京で予定があったので最後までビクトリーセレブレーションが観られませんでした。ハマスタの外から花火を撮りました。
ABOUT ME
シャイン
球場グルメの紹介ブログを書いています。 野球場のフード・球場飯が大好きです。是非球場飯紹介サイト「球場飯ドットコム」をご覧ください。
よろしければ応援のクリックをお願いいたします。
よろしければ応援のクリックをお願いいたします。

ブログランキングに参加しています。よろしければポチッとクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 野球場・応援へ
にほんブログ村

よろしければ応援のクリックをお願いいたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA