横浜スタジアム

【観戦記】9月20日DeNA対巨人@横浜スタジアム【雨の中の完封負け】

こんにちわ。

球場飯ドットコム管理人のシャインです。

だいぶ時間が経ってしまいましたが今日は9月20日に観に行ったDeNA対巨人戦のレポートをお送りします。

この前日9月19日の時点で我がベイスターズと巨人のゲーム差は10差に開いていました。何と言っても9月前半に東京ドームで喫した3連敗が痛かったのは言うまでもありません。

しかし、この3連戦、1戦目と2戦目を連勝して3戦目の9月20日を迎えました。もしここで対巨人3連勝をすればまだ分からないのではないかという一縷の望みを繋ぐ1戦でした。

球場へ到着

14時試合開始でしたが球場には13時に到着しました。

この日は高齢の両親を誘っての観戦でしたので、座席はゆったりと観られるSSトリプルシートを選択しました。

この日座ったSSトリプルシートについての感想レビューはこちらにまとめましたので、こちらをご参照ください↓↓↓

ゆったりとしたSSトリプルシート
横浜スタジアムのSSトリプルシートで観戦してきました【快適シートでとても見やすい席】こんにちわ。 球場飯ドットコム管理人シャインです。 9月20日に横浜スタジアムのDeNA対巨人戦を観に行ったのですが初めて『...

新装オープンの濱星樓へ

今年はコロナ禍の中、ずっと観客上限5000人の制限下で開催されてきたプロ野球でしたが、前日の9月19日よりついに観客上限が収容人数の50%までと緩和されました。

ハマスタは観客上限が一気に1万6千人まで増えることになりました。

それに伴い、今年新装オープンしたレフトウィング席の中華料理専門店「濱星樓」も前日19日からオープンしました。

私も「濱星樓」のフードを食べることを楽しみにしていましたので、さっそくレフトウィング席に向かいます。

濱星樓は前日オープンしたばかりとあってこの日も長蛇の列でした。

濱星樓は3階なのですが、列はなんと4階まで伸びていました。

結局、注文まで漕ぎつけるのに40分もかかりました。

ようやく辿り着いた濱星樓で注文したのは…

エビチリ丼を注文しました。結構特徴的な味でした。

エビチリ丼の評価レビューはこちらにまとめましたのでご参照ください↓↓↓

横浜スタジアムの濱星樓「エビチリ丼」
【2020ハマスタグルメ⑤】エビチリ丼@濱星樓(レフトウィング席) 2020年9月20日今日は9月20日にハマスタへDeNA対巨人戦を観に行った時に食べた濱星樓(はますたろう)の『エビチリ丼』を紹介します。 濱星樓は今...

試合開始

この日の先発は今やエースの風格を漂わせるようになった2年目・大貫

対する巨人はこの日も先発の谷間なのか、の先発でした。

ベイスターズ側になんとなく今日も勝てそうといったムードが漂っていただのは事実です。

先発の大貫はこの日あまりピリッとしない立ち上がりで、初回から2安打と2与四球で1点を失います。

あと、この日ピリッとしなかったのはキャッチャーの戸柱で、盗塁への悪送球を2度犯します。しかもそれがすべて失点に繋がるという大失態でした。

ベイスターズも2回裏に佐野・戸柱と2本のヒットで得点圏にランナーを進めますが後続が倒れ得点できません。

後から振り返ってみると、結局この2回裏の1死1、2塁がこの試合の攻撃面でのハイライトでした。

結論から言ってこの日のベイスターズは以後ほとんどチャンスらしいチャンスも作れず巨人先発・畠の150km/h超の快速球を前に3塁も踏めず抑え込まれます。

大貫はその後も丸に2本のホームランを浴びるなど終始ピリッとしない内容のまま6回4失点でマウンドを降ります。

その後、7回からマウンドには山崎康晃が上がります。

山崎は守護神降格直後は中継ぎでもリードした場面での登板が多かったのですが、その位置でも失点を重ね続けた為、この頃にはもうビハインドの場面でしか登板できなくなっていました。

時には大量リードを許した負け試合に登板することもあり、いささか敗戦処理投手のような扱いになってきてしまっているのが否めない状況です。

この日の山崎もやはり2安打を許し、戸柱のエラーもあり自責点こそありませんでしたがやはり1失点し試合を決定づけてしまいました。

7回表を終わって0対5というビハインドゲームとなります。この山崎の1失点によって、巨人のこの後の救援陣を考えるとかなり敗色濃厚な雰囲気となってしまいました。

雨の中の観戦

この日は前々から雨予報でしたが、正午頃~試合開始直後の15時くらいまではなんとか持ち堪えていました。

しかし2回くらいからいよいよポツポツと降りだし雨の中のゲームとなってしまいました。

それほど本降りでは無かったのですが、断続的に7回頃まで降ったり止んだりを繰り返す天候の中での観戦となりました。

気温はそれほど低くなく少し蒸し暑い感じでした。

観客上限緩和後の場内コンコースの様子

5000人の観客上限制限下では場内コンコースはかなりゆとりある雰囲気でした。

こちらが観客上限1万6千人に緩和された後のコンコースです↓↓↓

しかし、一番違うなと感じたのは観客席の密集具合でした。

ウィング席や外野席が解放されたことももちろんですが、内野席も7月26日の頃はだいたい2~3席ずつ間隔があったのが緩和後は1席おきにお客さんが座っている為、かなり密度が濃くなっているのが分かりますね。

これでも収容人数からすると半分なのですが、かなり入っているように見えましたし、球場の熱気も少しずつ戻ってきたような雰囲気がありました。

ちょっとだけ面白かったシーン

この日はベイスターズファンからすると盛り上がるシーンがほとんどない試合だったのですが、試合終盤の8回裏に少しだけ面白いシーンがありました。

ピッチャー伊勢の代打でルーキーの蝦名が登場します。

この蝦名、この日(9月20日)が誕生日だったのです。応援団からの粋な計らいで場内にはバースデーソングが流れていました。

しかし、巨人のピッチャー中川の投げた2球目が蝦名の足に直撃するデッドボールとなります。まだ場内にはバースデーソングが鳴り響いている最中でした。

誕生日に1軍の代打で起用してもらいすごく気合入っていただろうし、しかも場内にまだバースデーソングが鳴り響いている間に当てられるという可哀そうな状況に場内は失笑が起きていました。

この日撮った選手の写真

この日はSSツインシートでわりとグランドに近かった為、選手の写真が撮りやすかったです(^^)

試合終了~完封負け

結局、この試合ベイスターズは最後まで見せ場を作ることが出来ませんでした。

0対5と5点差ではありましたが最後9回裏には巨人の守護神デラロサが出てくるという盤石さであっさりと完封負けです。

まとめ

両親を誘っての観戦でしたが見事に面白くない試合になってしまいました。楽しみにしていた両親もガッカリしていました。

試合前に新オープンの濱星樓に行けたことがこの日のハイライトだったのではないかと思えるくらいつまらない試合でした。

シーズンの流れ的にも決定的に巨人に引導を渡された節目だったと思います。もし逆にこの試合に勝ってこの3連戦3タテを決めていたらこの後ももう少しマシなシーズンになったような気もします。

そういった意味でもこの日を境にベイスターズに秋風を呼ぶゲームとなってしまいました。

ABOUT ME
シャイン
球場グルメの紹介ブログを書いています。 野球場のフード・球場飯が大好きです。是非球場飯紹介サイト「球場飯ドットコム」をご覧ください。
よろしければ応援のクリックをお願いいたします。
よろしければ応援のクリックをお願いいたします。

ブログランキングに参加しています。よろしければポチッとクリックお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 野球場・応援へ
にほんブログ村

よろしければ応援のクリックをお願いいたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA